国際開発稲門会

国際開発稲門会 会則

第一章:総則

(名称)
第1条
本会は、国際開発稲門会(Waseda University Alumni Association for
International Development)と称する。

(目的)
第2条
本会は、「国際開発・国際協力」「発展途上国・新興国」というテーマに関連・関心のある
早稲田大学卒業生・教職員・現役学生の連携を深め、親睦を図るプラットフォームとなる
ことを目的とする。

(活動)
第3条
本会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。
(1) 交流に関する活動
(2) セミナー及び講演会活動
(3) 情報発信活動
(4) 本会の会員名簿等会員に関する資料の作成、管理活動
(5) その他本会の目的を達成するために必要な活動

第二章:会員

(会員)
第4条
本会の会員は、正会員、準会員の2種類とする。
(1) 正会員は、本会の目的に賛同し入会した者とする。なお、正会員は次に該当する
ものとする。
1 早稲田大学卒業生
2 早稲田大学教職員・教職員校友
(2) 準会員は、本会の目的に賛同し入会した者とする。なお準会員は次に該当する
ものとする。
1 早稲田大学各学部・各大学院在学生

(入会)
第5条
会員として入会しようとする者は、別に定める入会申込書を会長並びに事務局長宛てに
提出しなければならない。

(退会)
第6条
会員が次の各号のひとつに該当する場合には、その資格を喪失する。
(1) 退会の申し出があり、会長がこれを受理したとき
(2) 死亡しまたは、失踪宣告を受けたとき
(3) 本会が解散したとき
(4) 除名されたとき

(除名)
第7条
会員が次の各号のひとつに該当する場合は、総会において、出席構成員(総会に出席した
会員をいう。)の3分の2以上の議決に基づき、除名することができる。この場合、
その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1) 本会の会則(以下「本会則」という。)に違反したとき
(2) 本会の名誉を棄損し、または本会の目的に反する行為をしたとき

(会計)
第8条
本会の各種活動及び運営に必要な経費は都度参加費の徴収や寄付金等で賄うこととし、
総会において会計報告を行う。

第三章:役員、顧問、幹事会

(役員)
第9条
本会に、次の役員を置く。
(1) 代表幹事4名以上10名以内。
(2) 代表幹事のうち1名を会長とする。また、複数名の副会長並びに事務局長を置くことが
できる。

(役員の選任)
第10条
(1) 代表幹事は、代表幹事、幹事、会員または顧問からの推薦に基づき、総会の承認を
以って任命する。
(2) 会長、副会長及び事務局長は、代表幹事の互選によりこれを定める。
(3) 代表幹事に異動があったときは、速やかにその旨を会員に周知する。

(役員の任期)
第11条
役員の任期は、就任したときから就任後第 2 回目の定時総会の終了時までとする。ただし
再任を妨げず、また解任あるいは本人の退任の申し出時等を除き、総会の議決による再任
承認の手続きは省略することができる。

(役員の解任)
第12条
役員が次の各号のひとつに該当する場合は、総会において出席構成員の3分の2以上の
議決に基づいて、解任することができる。この場合、その役員に対し、議決する前に
弁明の機会を与えなければならない。
(1) 心身の故障のために職務の執行に堪えないと認められるとき
(2) 不正の事実の発見、職務上の義務違反等、役員たるにふさわしくない行為があると
認められるとき

(役員の職務)
第13条
(1) 会長は、本会を代表し、その業務を統括する。
(2) 副会長は、会長を補佐し、これに事故があるときまたは欠席のときは、その職務を
代行する。
(3) 事務局長は、本会の事務を統括する。

(顧問)
第14条
(1) 本会に、顧問を置くことができる。
(2) 顧問は、代表幹事が委嘱する。
(3) 顧問に関し必要な事項は、代表幹事の議決を経て別に定める。

(幹事会)
第15条
(1) 本会の円滑な運営を図るため、代表幹事は幹事会を置くことができる。
(2) 幹事は、幹事および学生幹事から構成され、正会員の中から幹事を、準会員の中から
学生幹事を代表幹事が委嘱する。
(3) 幹事会に関し必要な事項は、代表幹事の議決を経て別に定める。

第四章:総会

(総会)
第16条
本会の総会は、正会員をもって構成し、年に 1 回開催するものとする。ただし、必要が
あるときは臨時に開催できるものとする。総会では、以下の事項について議決する。
(1) 会則、事業等の変更
(2) 事業計画及び事業報告
(3) 役員の選任または解任
(4) その他本会の運営に関する重要事項

第五章:会則の変更・解散等

(会則の変更)
第17条
本会則は、総会において出席構成員の 3 分の 2 以上の議決を経なければ変更することが
できない。

(解散)
第18条
本会は、総会において出席構成員の 4 分の 3 以上の議決を経て解散することができる。

第六章:補則

(実施細則)
第19条
本会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、代表幹事の議決を経て、会長が
別に定める。

附則

本会則は、2016 年 3 月 19 日から施行する。