国際開発稲門会
<個人情報の取り扱い>

国際開発稲門会会員の個人情報は、国際開発稲門会事務局にて管理しています。
国際開発稲門会事務局では以下の方針に基づき、個人情報の収集・保管・利用を行っています。

  • 個人情報の取得と利用目的について
  • 国際開発稲門会では以下の利用目的のために個人情報を収集します。以下の利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱う場合は、原則あらかじめ会員の同意を得ることとします。

    1. 会員同士の交流の促進
    2. 国際開発をテーマとし分野や世代や居住地を越えた早稲田大学OBOGの交流を促進するため、オンライン上のプラットフォーム機能の活用や各種情報発信を行う際に、個人情報を利用します。

    3. 早稲田大学校友会への稲門会登録申請
    4. 本稲門会を運営していく上で早稲田大学校友会による各種支援を受けるため、稲門会登録の届出を行う際に、会員名簿を校友会事務局へ提出します。

  • 個人情報の安全管理について
  • 国際開発稲門会では、個人情報が不正に利用されたり、紛失・滅失、改ざん及び漏洩することのないように厳重に管理します。

  • 第三者への提供について
  • 国際開発稲門会では、個人情報を本人の同意なしに第三者に提供することはしません。ただし、法律に基づく正規の手続きを経て、司法警察機関等から情報開示命令があった場合については、本人の同意なしに情報を提供することがあります。

  • 個人情報の開示、訂正について
  • 国際開発稲門会の会員は、国際開発稲門会事務局に対し本人の個人情報の開示・訂正を請求することができます。